全身脱毛の仕組み

今男性でも女性でもムダ毛に関するお手入れが、マナーとして考えられています。
女性は露出が激しいときや水着や性交渉の時などムダ毛を特に気にしています。
は周りの人や大大事な人に恥ずかしい思いをしたくないという気持ちが強いです。
人によってムダ毛の価値観も異なりますが、女性のむだ毛を見てがっかりしてしまう男性も多いです。
その為女性にとってムダ毛処理はとてもナイーブな問題です。
いっそのことムダ毛が全部無くなったらと考える人も多いでしょう。

そこでムダ毛のお手入れを簡単にする方法として需要が高いのが全身脱毛です。
全身脱毛では毛穴にレーザーや光を照射する事で、毛根を焼いて消滅させていきます。
一度ではすべての毛根を照射する事ができないため。
全身脱毛を行う為には時間がかかります。
一度の脱毛ですぐに効果が得られると勘違いしている場合が多いですが、実際には同じ箇所を平均的に5回から6回程度照射する事で初めて手入れが楽になります。
そして完全にむだ毛が無くなるまで行いたい場合は、一年半から二年半かかるのが常識です。

それだけ長い時間がかかってしまう要因としては、ムダ毛が成長期に入らなければ照射できないという事です。
成長期になると毛根も成長し、照射する事で消滅させることができます。
しかし成長期前に行っても思ったように照射したものが届かないため効果が得られません。
同じ箇所を行う時は周毛サイクルを考えて一ヵ月程度期間を空け、何回か重ねるごとに二か月間など期間が開いていきます。
そのため全身の脱毛を行う時には長期間かかってしまいます。